スーパーPフォースとダポキセチンの効果時間について説明する男性

スーパーPフォースやプリリジーといった早漏治療薬に含まれている有効成分ダポキセチンの効果時間についてご紹介いたします。ダポキセチンの効果時間は約6時間です。性行為の約30分から40分前に服用することでより効果的に使用することが可能です。

早期射精(早漏)で上位ランキングのダポキセチン

早期射精(早漏)には、昔ですとコンドームを二重にしたりアルコールを飲んでリラックスしたりと、その程度の対策しかありませんでした。
しかし、医学の発展で早期射精に対して有効な薬が現れ使用されています。
ED治療薬にもある程度の早期射精(早漏)に効果があるということが言われてはいました。
しかし、実際にはそれほどの効果が期待できませんでした。
また、過去の治療効果などから、うつ病の治療薬であるSSRIの一種ダポキセチンという抗うつ薬には、射精が遅くなるということが服用している患者から言われていました。
さらに、早期射精の改善薬としての開発研究なども始まり、今ではダポキセチンは早期射精(早漏)に効果があることが証明されています。
そして、このダポキセチンは早期射精(早漏)防止薬として一般的に使用されています。
場合によっては、ED治療薬などと同時にダポキセチンを使うことで、勃起を促しさらに早期射精(早漏)防止することで、性生活をより充実させることが可能になっています。
早期射精(早漏)の人気ランキングでも、ダポキセチンは常にトップでその効果ゆえの結果となっています。
ダポキセチンは早漏防止のために服用する医薬品としては世界初で、早漏防止の人気ランキングにある他の製品は効果としては、陰茎への刺激を低減するものがほとんどです。
陰茎への刺激を低減するものとしては、陰茎表面に皮膚麻酔薬を塗布するものが一般的で、この場合には快感が鈍くなることによって射精を遅らせるものです。
しかし、快感を低減することなく射精時間を延ばすことが可能なのは唯一ダポキセチンしかありません。
ですから、早漏防止の人気ランキングでもダントツなのです。