スーパーPフォースとダポキセチンの効果時間について説明する男性

スーパーPフォースやプリリジーといった早漏治療薬に含まれている有効成分ダポキセチンの効果時間についてご紹介いたします。ダポキセチンの効果時間は約6時間です。性行為の約30分から40分前に服用することでより効果的に使用することが可能です。

ダポキセチンによる早漏の解消と男性の尿道炎

男性の尿道炎は一般的にはセックスをしたときに尿道付近を強く刺激しすぎたことが原因であることが多いのですが、不特定多数の相手とセックスをしている場合には性感染症による尿道炎の可能性もあります。
男性の場合は尿道が長いので炎症が起きても感染症が進行することは少ないのですが、ウイルスや細菌が尿道よりも奥に侵入した場合には不妊の原因になる場合もあります。
感染症の場合は尿道炎の痛みが非常に強いので、セックスによる炎症と区別が可能で、焼けるような痛みを感じる場合にはすぐに性病科などを受診して抗生剤などによる治療を受けなければなりません。
ダポキセチンは早漏を解消するために処方される薬で、SSRIという成分が含まれているので、脳内のセロトニンの減少を防いで、早漏の症状を素早く解消します。
ダポキセチンはセックスをする1時間前に服用することでも効果を発揮しますが、この場合は1分から2分程度射精までの時間が長くなるのですが、24週間以上飲み続けることで、血中濃度が安定するので、脳内のセロトニンの量が保たれ続けるので、早漏を効果的に解消して、さらに射精までの時間が3分程度延長します。
ダポキセチンは射精の時間を長くすることができますが、デメリットとして性欲が低下するという副作用があると指摘されているので、服用を始めてから性欲が低下したことを自覚した場合にはすぐに服用を中止して医師に相談をしなければなりません。
早漏の改善方法としてはダポキセチンのような内服薬の他にも外用薬を用いる方法があり、亀頭の表面に局所麻酔薬を含んだ薬を塗ることで、皮膚の感覚を鈍らせて射精までの時間を長くすることができます。
塗り薬による早漏の防止は若い男性の一時的な早漏に効果的です。